アオキ建設

現場レポート

北栄町K様邸 現場レポート

  • 1.着工前

    工事開始前です。
  • 2.仮囲い 看板設置

    工事前に準備です。
  • 3.地盤改良

    地盤調査後に要改良でした。
  • 4.地業工事

    基礎工事開始のため砕石を敷きます。

    この上に基礎ができます。

  • 5.鎮めモノ

    地鎮祭時の鎮めモノを砕石の中に埋めます。
  • 6.防蟻シート

    地中からのシロアリの侵入を防ぐため砕石全面に防蟻シートを敷きます。

    また防湿性能もあるため地中からの湿気を防ぎます。

  • 7.基礎配筋

    基礎の鉄筋組みです。
  • 8.基礎の天端塗り

    基礎工事の最終段階です。
  • 9.土台据え

    家の骨組みの一番下の部分です。

    この上に柱を建てていきます。 この段階から大工さんの工事が始まります。

  • 10.建て方

    家の骨組みを組み立てていきます。

    大工さん10人程度で組み立てていきます。

  • 11.屋根下地合板張り

    屋根となる部分に合板(ごうばん)を張っていきます。

    合板(ごうばん)とは薄い板を何層にも重ね接着された板です。

  • 12.屋根ルーフィング張り

    屋根全面に防水シートを張ります。

    屋根からの雨の侵入を防ぎます。

  • 13.桟木取り付け

    瓦をひっかけて固定するため桟木(さんぎ)という木を横に打ち付けていきます。

    この上に瓦を敷き、さらに一枚ずつ釘で打ち付け固定します。

  • 14.屋根瓦葺き

    屋根全体に瓦を敷いて完了です。
  • 15.耐震金物取り付け

    地震による建物骨組みのずれや抜けを防止するため骨組み接合部をボルトやプレートで固定します。

    写真はホールダウン金物といい基礎と柱をボルトでつなぎ、地震による柱の抜けを防止します。

  • 16.窓サッシ枠、窓ガラス取付

    窓を取り付けます。
  • 17.透湿防水シート貼り

    建物外周に透湿防水シートを貼ることで外部からの雨水の侵入を防ぎます。

    また、透湿性能もあるため室内の湿気を排出し壁内部の結露を防止します。

  • 18.床組取付

    床板を張るため下地材を打ち付けます。
  • 19.防蟻剤吹き付け

    シロアリに喰害されないよう防蟻剤を吹き付けます。

    防蟻剤は人体、環境に影響のないものを使用します。

  • 20.給排水管接合

    給水管はお風呂、トイレ、キッチンなど水が必要な場所の蛇口の位置まで配管をあらかじめ通しておきます。  ※青い配管が水で赤い配管が温水です

    排水管も床の位置まで伸ばしておきます。

  • 21.床断熱材入れ

    床組の間に断熱材を入れることにより室内冷暖房時の熱の逃げを防止します。
  • 22.床合板張り

    床断熱材を入れた後、合板を張ります。
  • 23.電気配線

    各部屋の電気が必要な個所へ電気の線を通しておきます。
  • 24.吹き付け断熱(アクアフォーム)

    建物外周の壁となる部分と屋根裏に発砲系断熱材を隙間なく吹き付けます。

    断熱材を隙間なく吹き付けることにより、冷暖房時の熱の逃げを防止します。

  • 25.ユニットバス設置

    お風呂を設置します。
  • 26.外壁サイディング張り

    建物外壁部分にサイディングを張っていきます。

    サイディングとは、耐火性、耐久性に優れ、またバリエーションも豊富なため、数ある中からご希望の製品をお選びいただけます。

  • 27.防水シーリング

    外壁サイディングの継ぎ目にシーリング材を埋めて雨の侵入を防ぎます。
  • 28.杉床板張り

    床に仕上げ用の杉板を張っていきます。

    杉材は調湿作用に優れた素材で素足へのなじみが良く、リビング、寝室、子供部屋などの床材として最適です。

  • 29.石膏ボード張り

    天井となる部分に石膏ボードを張り、この後仕上げのクロス(壁紙)を貼ります。

    石膏ボードとは、防火性、遮音性、断熱性に優れた製品です。

  • 30.キッチンカウンター作製

    木製のキッチンカウンターをご希望に合わせて作製します。
  • 31.キッチン取付

    キッチンを設置します。
  • 32.建具取付

    各部屋に引き戸など建具を取り付けます。
  • 33.美装工事

    内部工事完了後、養生など撤去し、お引渡し前クリーニングを行います。