アオキ建設

現場レポート

倉吉市T様邸(SW工法) 現場レポート(完了)

  • 1.着工前

    工事開始前です。
  • 2.地業工事

    基礎工事開始のため砕石を敷きます。

    この上に基礎ができます。

  • 3.防蟻シート

    地中からのシロアリの侵入を防ぐため、砕石の上に防蟻シートを敷きます。

    配管まわりなど隙間が生じないよう施工します。

  • 4.基礎配筋

    基礎の鉄筋組みです。
  • 5.基礎配筋検査

    基礎の鉄筋組みが正確に施工されているか検査します。

    検査後、良好でした。

  • 6.基礎土間コンクリート打設

    基礎の底面部分にコンクリートを流し込みます。
  • 7.基礎土間コンクリート打設完了

    基礎コンクリート打ち完了です。

    コンクリートが固まった後、基礎立ち上がり部分を造っていきます。

  • 8.基礎立ち上がりコンクリート打設

    基礎の立ち上がり部分にコンクリートを流し込むため木製の枠を組みます。

    コンクリートが固まったあと、枠を取り外します。

  • 9.基礎完成

    基礎の完成です。
  • 10.土台据え

    木造骨組みの一番下に位置する部材を組んでいきます。

    この後、建物全体の骨組み(建て方)をしていきます。

  • 11.建て方

    建物の全体的な骨組みをしていきます。

    安全第一で工事が進められていきます。

  • 12.木工事 SW工法

    ZEH認定住宅としてSW(スーパーウォール)工法を取り入れて施工を行っており、小屋束を固定した後に小屋パネルを取り付けていきます。

    小屋パネルと小屋束の取り合い部分の隙間を埋めるためにウレタンを吹き付けて、住宅の気密・断熱性能を高めていきます。

  • 13.木工事 SW工法2

    外壁パネルを取り付けました。

    構造用合板と断熱材等が一体化したパネルで、施工性にも優れており、また構造上重要な壁としても機能します。

  • 14.木工事 SW工法3

    現場加工パネルを取り付けていきます。

    外壁部分や小屋部分のパネルの大半は製造時に予め加工されて搬入されますが、窓などが取り付けられるような細かな部分は現場で加工して取り付けていきます。

  • 15.木工事 SW工法3 その2

    気密補修をしていきます。

    現場加工されたパネルの周囲は隙間ができてしまうため、発泡ウレタンを吹き付けて隙間を埋めていきます。

  • 16.木工事2

    耐震金物を取り付けていきます。

    地震による骨組みのずれや抜けを防止するため骨組み接合部にボルトやプレートで固定します。

  • 17.窓・サッシ取り付け

    窓サッシを取り付けて、窓ガラス

    こちらのお宅では、アルミ樹脂複合サッシ、複層ガラスを取り付けました。

  • 18.外壁工事

    外壁工事の第一段階として、遮熱透湿防水シートを壁面に張っていきます。

    このシートを張ることにより、建物内部に雨水が侵入するのを防ぎ、壁内部の湿気を外に逃がす役割を果たします。また、熱の放射を抑える役割も果たします。

  • 19.気密測定検査

    ZEH仕様の住宅を建てるにあたって、気密が取れているか検査をしました。

    結果はSW工法の基準値を下回り、良好でした。      (気密性を表す数値をC値といい、このC値が小さい値ほど高気密な住宅となります。)

  • 20.屋根工事

    太陽光パネル設置完了

    ZEH住宅を建てるにあたって欠かせない太陽光パネル。高性能設備機器、高断熱によりエネルギーの消費を抑えて、太陽光パネルによりエネルギー供給をします。消費<供給にすることでZEH住宅となります。

  • 21.換気システム設置工事

    各部屋に換気システム用のダクトを伸ばしておきます。

    SW工法は高気密住宅のため、換気システムを使うことにより質の高い計画換気を実現できます。24時間、365日家の中はいつもきれいな空気を保ち、ご家族の健康をしっかり守ります。

  • 22.石膏ボード張り

    壁など仕上げがクロスの場合は石膏ボードを張ります。

    写真の壁面が石膏ボードを張り終えた状態です。 石膏ボードとは、防火性、遮音性、断熱性に優れた製品です。

  • 23.塗装工事1

    外壁となる部分に無塗装品のサイディングを張り、塗装をして仕上げます。

    サイディングとは、耐火性、耐久性に優れ、またバリエーションも豊富なため、数ある中からご希望の製品をお選びいただけます。※今回は塗装をして仕上げるため無塗装のサイディングを使用しています。

  • 24.塗装工事2

    軒裏を塗装し仕上げていきます。

    軒(のき)とは建物の外壁面より外に突出している屋根の部分です。

  • 25.クロス張り

    石膏ボードの上にクロス(壁紙)を張っていきます。

    クロスには、ビニール、和紙、紙、織物、珪藻土、オレフィンなど豊富な種類があります。 その中から、お家の雰囲気、好み、用途に合わせてお選びいただけます。